地元不動産業者のメリット

不動産業者は、テレビCMや新聞・雑誌の広告で見かけるメーカー系やゼネコンなどの大手不動産業者だけでなく、地元に根付いた営業を行っている不動産業者が多くあります。
ちょうど、サザエさんの花沢不動産のように個人経営の不動産業者も珍しくはありません。
サザエさんでもあるように、街の不動産屋さんは地元のことをよく知っていることがうかがい知れるだけでなく、地元の人との交流を通して不動産物件の斡旋や仲介を行うなど、地元に密着しています。
このため、土地や家屋、マンションなど不動産を売却しようとした場合、どこの誰が土地や家屋を欲しがっているか知っていたり、または人伝いにこうした情報を入手することが多く、インターネット時代で便利な社会となった今も、人情的なアナログな社会が今も生き続けています。
仕事の内容も大手不動産業者にあるようなマニュアル通りで事務的なものではなく、お客との会話を通したコミュニケーションが重要なポイントとなっています。
不動産の売却においても、買い手との交渉をうまく仲介してくれるのも、地元で地域の人々を知り尽くした不動産屋さんの強みと言えるのではないでしょうか。
大手不動産業者が見向きもしない田舎の不動産物件でも親身になって相談に乗ってもらえるだけでなく、土地の活用方法や買い手探しなど実際に行動してくれることも地元不動産業者ならではと言えます。
また、手数料に関しても比較的低額となっていますので地方で不動産を売却しようと考えている人は一度、地元不動産業者に声をかけてみてはどうでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ