住宅ローンの金利について

住宅ローンを利用するにあたり、必ず頭に入れておかなければならないのが、金利についてです。
住宅ローンは数十年という長い支払い期間があるので、その間に世の中は大きな動きを見せていくものです。
それが一番住宅ローンに影響を与えるのが金利についてということになります。
住宅ローンは、主に変動金利と固定金利といった方法がとられますが、この二つの金利について十分に理解して、より有利な返済計画を立てるようにしなければなりません。
住宅ローンの将来的なリスクとして一番考えられるのは、金利の上昇といえます。
返済計画では、この金利の上昇時に、負担を軽減できるような対策を最初からとっておくことも必要になるわけです。
住宅ローンでは、返済期間中に変動金利と固定金利を切り換えたり、特約期間を終えた段階で固定金利から変動金利に切り替わるタイプなど、利用する金融機関によってさまざまなプランが用意されています。
これらの中から、自分の利用タイプに有利になるものを選ぶというのも、また、自主的に金利プランを組み合わせるというのも効果的な方法といえます。
ただし、その基本となる変動金利や固定金利のメリットやデメリットを正しく理解しておくことが大切になります。
変動金利では、市場の金利の変動を見ながら、定期的に金利の見直しがされるシステムがとられます。金利が上がると、当然ながら返済負担額や支払利息が増え、月々の支払いも圧迫されていきます。
固定金利では、借入当初の一定期間の金利が固定されます。どの金融機関でも、固定される期間が長くなると金利は高くなります。
固定期間が終わった後に、世の中の金利が下がっていれば、返済額や支払い利息は減りますが、金利が上がっていた場合は返済額が増えてしまいます。
このことから、総返済額を予想することは難しく、将来設計がしにくいというところが難点といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ